shinbi-top

審美修復物

治療した銀歯が気になる

ホワイトニングで白くならない

前歯の形や色が気になる

このようなお悩みがある方は、審美修復治療がおすすめです。審美修復治療とは、審美性を目的とした歯科治療のことです。気になる銀歯の見た目を白い素材へ交換したり、欠けて形が悪くなってしまった歯を白い素材で補うことができます。治療後は、自然の歯とほとんど変わらない見た目に仕上げることができます。

また、治療に使用するセラミックなどの素材は、微妙な噛み合わせも調整でき、機能性・見た目も優れた歯を再現できます。

インレー審美修復物の種類

メタルインレー(銀・パラジウムを用いた合金)

inr-metal
・保険が適用される。
・歯が割れることがある。

セラミックインレー(陶器、焼き物)

inr-sera
・ほとんど変色することがなく、色移りしない。

ゴールドインレー(18k)

inr-gold
・錆びにくく、むし歯になりにくい。
・色移りしにくく、他の歯を傷付けにくい。

クラウン審美修復物の種類

メタルクラウン(銀・パラジウムを用いた合金)

cl-metal
・保険が適用される。
・歯が割れることがある。

レジン前装冠(銀・パラジウムを用いた合金にプラスチックをはりつけたもの)

cl-regi
・前歯には保険が適用される。
・歯が割れる事がある。

セラミッククラウン(陶器・焼き物)

cl-sera
・ほとんど変色することがなく、色移りしない。
・歯を削る量が多い。

メタルボンド(18k合金に陶器をはりつけたもの)

cl-metalb
・見た目が綺麗な上、金属の強度と耐久性がある。
・歯ぐきに金属が出る。

ゴールドクラウン(18k)

cl-gold
・錆びにくく、むし歯になりにくい。
・色移りしにくく、他の歯を傷付けにくい。
・噛み合わせが馴染む。

その他の審美修復物の種類

ノンクラスプ義歯

none
・金属を使わない入れ歯
・金属の入れ歯より見た目が綺麗

桜ファミリー歯科お問い合わせ