page-white-top

ホワイトニングについて

白い歯で笑顔をより魅力的に

white-q
ホワイトニングとは歯磨きやクリーニングでは落ちない加齢や遺伝による歯の黄ばみを、削ることなく白くする方法です。歯の表面に薬を塗布し、黄ばみ色素を分解します。
天然の歯を白くしていくため、自然な仕上がりになり、笑顔の魅力度が格段にアップします。

1回の施術は90分で、2回行い基本コースだと2週間程で終了です。
歯科医院でその日のうちにホワイトニング効果を得る「オフィスホワイトニング」。ご自宅でマウストレーにホワイトイングジルを塗布して決められた時間、継続装着することでホワイトニングの効果を得る「ホームホワイトニング」。
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2種類のホワイトニングを併用し、双方のメリットを活かす「デュアルホワイトニング」の3種類があります。

歯に色がつく理由

 コーヒー、お茶、タバコ等による変色

 色素が歯の内部まで取り込まれることにより、歯が黄色く見えます。

 加齢による変色

 年齢を重ねるにしたがって、人の歯は自然と黄色く変色してきます。

 全身疾患に由来する変色

 胎児の時期に母親が服用した抗生物質や過剰に摂取したフッ素等の影響により歯が変色してしまう事があります。

 

ホワイトニングはこんな方にオススメ

 歯の色、黄ばみが気になる

 笑顔を素敵にしたい

 結婚式や成人式、入社式、面接、写真撮影で印象を明るくしたい

 

歯が白くなるメカニズム

歯の着色のもとになっているのはエナメル質の中にある着色物質です。
ホワイトニングの成分である過酸化水素は光や熱によって着色物質を分解し、着色の少ない物質に変化させます。

ホワイトニングの刺激について

処置中や処置後にしみるような「刺激」を感じる方がいますが、この原因はホワイトニング材の成分の一つである過酸化水素による象牙質の脱水症状で、エナメル質の厚さにより刺激が起こる時間、度合が違います。
これは一時的なもので、多くの場合24時間以内に症状は消失します。

ホワイトニングの流れ

  • 1、カウンセリング

    初めに、現在のお口の中の状態をチェックし、施術後の色の予想や注意点をわかりやすく説明いたします。

  • white1
  • 2、写真撮影

    まずは施術前の歯の写真を撮影します。
    写真は施術後の比較の際にもご覧いただけます。

  • white2
  • 3、色の確認

    撮影した写真をもとに、施術後の色を確認します。

  • white3
  • 4、ジェルの塗布

    ホワイトニングジェルを歯に塗布します。

  • white4
  • 5、ライトの照射

    特殊な光を照射することで歯を白くするので、健康な歯を傷つけることがないのが特徴です。
    4・5の手順(10分)を3回繰り返します。

  • white5
  • 6、写真撮影2

    施術後に再度写真を撮影し、施術前と比較します。

  • dental-2

ホワイトニングQ&A

Q
ホワイトニングは安全ですか?
A
患者さんに優しいオフィスホワイトニング材「ティオンオフィス」を使用しています。
ホワイトニングはその日のうちにホワイトニング効果を求められるため、
高い過酸化水素濃度のホワイトニング材を用いる必要があります。
「ティオンオフィス」は新技術の応用により比較的低い過酸化水素濃度での高いホワイトニング効果と低刺激性を両立させたものですので安全です
Q
時間はどのくらいかかりますか?
A
オフィスホワイトニングの場合2回コースになります。
1回あたり120分(クリーニング付き)になるので、美容院やネイルサロン、お茶をする程度の時間でできます。
Q
料金はどのくらいかかりますか?
A
オフィスホワイトニング
¥32,400
ホームホワイトニング
¥21,600
デュアルホワイトニング
¥49,000

※すべて実費となります

桜ファミリー歯科お問い合わせ