ireba

ブリッジ・入れ歯治療

    ブリッジ・入れ歯の大切な役割

    ireba-top歯を失ってしまうと、今は何ともなくても数年後に隣の歯が移動したり、噛み合わせの歯が伸びることで歯並びに影響がでてきてしまいます。

    それを防ぐには、入れ歯やブリッジが大事な役割をします。
    ブリッジは入れ歯に比べて審美的で違和感も少なく、取り外しの手間もないので可能な方にはおすすめです。
    一般的な被せものと同じで奥歯では白い被せものは保険が利かないので銀歯になります。
    また、失った葉の数や組み合わせによってはブリッジを入れるのが難しい場合もあり、歯を削るので悪くない歯の神経をとらなくてはいけない場合が多いです。

    ireba1

    入れ歯の特徴

    ireba-q

    入れ歯だからこそのメリット

     入れ歯には、残った歯に金具やバネがかかる部分入れ歯というものと、総入れ歯の2種類があります。部分入れ歯はバネを健全な歯にかけるので歯をダメにすることもあります。
     更に「外して掃除する手間が、いかにも作り物みたいなのでちょっと…」という声もよく聞きます。

     しかし、両隣の歯を削って作るブリッジに比べ歯を削る量は最小限に抑えられ、無理にブリッジを入れるより格段に残りの歯に優しいケースも多々あります。

    当院の入れ歯治療

    basshi1

     当院では、できるだけ自身の歯を残し、ブリッジを入れられるか慎重な判断をします。
     また、入れられない場合はなぜ入れられないのかと言うことを説明し、患者様に理解していただくことを第一に考えます。
     もちろん、金具やバネがかかると金属が見え、見た目が悪いと考える方には、金属を使わない金具やバネを使わない入れ歯もご用意できます。(これらは保険外になります)

     しっかりとした診断と説明を求める方はぜひ当院でご相談ください。

桜ファミリー歯科お問い合わせ