kenshin-top

歯周病治療と検診について

page-sishu1

私たちは必要のない検診はないと考えます。

体の病気や体調不良があればすぐに病院に行くのに少し歯が痛いくらいでは歯医者に行かない人が多いのが現状です。
ガンなどと同じで、虫歯や歯周病も早期発見・早期治療が大事です。
最近ではテレビなどでも歯が取り上げられることが多くなってきましたが、それには理由があります。
歯が痛くても最悪削って詰めたり、抜けばいいかと考えている方、それは大きな間違いです。
6歳臼歯を1本失うと食べ物を噛み潰す効果が60%まで減少するというデータもあります。

抜歯や歯を削るのは最終手段

ガムピーリング

失った歯の前後の歯を削って作るブリッジや入れ歯はご自身の歯に比べて違和感が強く、初めて使う方は驚かれます。
これらのものは、やむなく歯を抜くことになってしまった方にする最終手段なのです。
ブリッジは健康な歯を削ることもあり、大事な歯の神経をとらなくてはいけないことがあります。
また、最近ではご高齢の方が多く、ご自身でのお口のケアが難しくなっています。
今になって入院している高齢者のブラッシングが重要視されてきましたが、お口のケアを怠ると、誤嚥性肺炎(飲み込む力が弱い人が、唾液と一緒に口の中のばい菌を肺に入れてしまっておこる肺炎)など命に関わることもあるのです。
また、厚生労働省や歯科医師会が推進する8020運動(80歳で20本の歯が残っている患者様のための表彰)が推奨されているように、残った歯の本数と健康寿命は相関しているのです。

検診のはがき案内

ガムピーリング当院の検診の特徴としては、治療が完了した患者様が忘れがちな大事な定期健診にも、はがきをお送りすることで、忘れがちな歯科検診にに来ていただきます。
お口の中は普段人に見せることがないので、歯医者に行かないと症状が出るまで誰も悪いところは見つけてくれません。
歯周病は悪化すると歯が埋まっている骨が溶けて歯が抜けてしまうのはご存知の方は多いと思います。
私たちは初診でみえた患者様には、必ずレントゲン写真をお撮りして、骨の状態や虫歯の有無をすみずみまで確認しています。
なお、検診でおはがきを持参された方には歯ブラシをプレゼントしています。

1ヶ月検診

kenshin当院は1ヶ月検診でみえる患者様が多いです。
通常の歯医者なら、主訴(痛い・しみるなどの患者様の主な訴え)が改善したら来なくなってしまう患者様が多いのですが、1ヶ月間隔で通って頂くことでお掃除を兼ねてお口の健康状態をチェックできます。
不安や悩みを抱えている患者さんは1ヶ月ごとの確認と掃除をすることで安心感を得られ、特に問題なくても歯磨きの仕方や補助器具を使って指導するように心がけています。
定期検診に加えて普段なかなか教えてもらえない毎日のブラッシングを徹底することで患者様の大切な歯の寿命と健康寿命の躍進を心より祈っています。

桜ファミリー歯科お問い合わせ