page-musiba-top

虫歯治療について

痛くなってから歯医者に行けば
削って詰めてもらえると思っていませんか?

mushiba-q

 虫歯の原因は磨き残しなので、実は削って詰めても虫歯ができやすいところには再び虫歯になる可能性は多いにあります。また、大きな虫歯は削って詰めると、ご自身の歯が薄くなるので割れやすくなります。

 更に、症状が出るほど虫歯が進むと歯の神経(歯髄と言われるもの)をとらなければならないのです。虫歯は進行すると歯を失うだけでなく、骨に感染し、骨髄炎という恐ろしい病気につながります。

根の治療(神経の処置)

神経を失うと歯の寿命半分に!?

page-musiba2

 歯の根の治療とは、神経をとる治療の事です。進んだ虫歯は放っておくと、神経が感染して腐敗し、骨に感染して最終的には歯を抜かなくてはいけなくなるのです。しかし、神経を失うと何と歯の寿命が半分になると言われています。

 この理由は神経は血管の延長であり歯に栄養を与えているのです。神経をとることは、生きている歯の栄養を遮断してしまうことと同じなのです。栄養を失った歯は乾燥して割れやすくなり、色も変わってきます。もちろん、進んだ虫歯で感染した神経を残しても必ず悪くなり、歯の寿命を縮めることになるのは言うまでもありません。
 根の治療は、1度始まるとなかなか終わらないイメージがあると思います。歯の中は非常に複雑で、根の先端では細かく神経が枝分かれしています。そこにばい菌が入り込んでいくので、消毒のお薬をしばらく効かせ、感染した歯の内面も何回かにわけて削りとらなくてはなりません。
さらに奥歯では根が2~3本もあり、炎症が落ち着くまで痛みが残ったり治療回数がかかることが多いのです。

桜ファミリー歯科のむし歯治療

mushiba-tre

歯に負担のかからない早期治療

桜ファミリー歯科では、根の治療にならないように虫歯の早期発見・治療を心掛け、早期に発見できた虫歯は検知液(虫歯に色を付ける液)などを使い、必要最小限の治療で虫歯を取り除きます。

虫歯治療の流れ

page-musiba-step

桜ファミリー歯科お問い合わせ